FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割と簡単に出会えて拍子ぬけしています[50代・沖縄県・男性]

妻と最後にセックスをしたのはもうどれくらい前のことなんでしょうか。

私はこの歳になってから、不思議とセックスがしたくてたまらないんです。
何でも思っていることを言う私は、妻に正直に「セックスがしたい」と話します。

でも、妻から返ってくる返事は、「何言ってるの」の冷たい一言なんです。
この会話のやりとりも何度したことか。

我慢できなくなった私は、思い切って出会い系サイトに登録することにしました。
出会い系には以前から興味があり実は色んなサイトをチェックはしていました。

登録したサイトで、同じくらいの年代の女性と出会いました。
若い若い女の子も良かったのですが、私には娘がいるので複雑な気持になるような気がして、同年代の女性を選びました。
そのその女性も夫とはもう何年もセックスレス状態が続いていたそうです。
ですから、出会いもさほど難しくなく、簡単でした。色んなサイトで勉強して入会したのでもっと難しいのかと思っていたので拍子抜けしました(笑)

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

「焦らずに」を心がけました[50代・沖縄県・男性]

現役を引退し、去年の夏、故郷の沖縄に帰ってきたものの、ひとり身ではどこへ行くにも億劫でした。
この先の人生を一緒に楽しんでくれるパートナーを探していましたが、自力で探すのには限界があります。

そこで出会い系サイトを利用することにしました。
あまり気負うと収穫がなかった時、きっと落胆してしまうと思いあまり深く考えずにサイトに登録しました。
色々な人にメールをいただきましたが、先のことも考えて住まいが車で10分くらいのある一人の女性に決めました。

私は、できるだけ相手のペースに合わせて話を進めました。資金も湧いて出るわけではなかったのですが、失礼なことを言って彼女の気を悪くさせることを考えたら安いものです。その甲斐あってか、彼女とメール交換を始めて2か月後、やっとのことで食事の誘いを取り付けることができました。

彼女を迎えに行き、初めての対面です。

とても優しい目をした、素敵な女性でした。
彼女を助手席に乗せましたが、ものすごく緊張している様子だったので、しばらくドライブしながら話をしました。
1時間くらい経つと、少しはほぐれてきたのか笑顔も見せてくれるように。

夜になり、ディナーを楽しんで、彼女を送り届けて。

初対面の日は、こんな感じで終わりました。
寝る前にメールボックスを開いてみると、彼女のプライベートの連絡先が書いてありました。

色々飾り立てるのではなく、素の自分に好意を持ってくれました。
変に気を張らずにそのままの自分を見てもらいたいと思った僕の考えが正解だったようです。

普段のメールと同じくらい簡単でした。[50代・沖縄県・男性]

出会いサイトを利用し始めたきっかになったのは長年付き合っていた女性との別れでした。
ずっと興味ありましたが彼女を大事にしていましたし、浮気など考えたこともなかったので出会いサイトには縁がありませんでした。パソコンも触ったことがなく、携帯電話でのメールがやっとできるぐらいでしたので、不安はありましたけど、簡単に使うことができました。
難しい操作なども必要ないので普段のメールとあまり変わりませんね。
今はまだ1つの出会いサイトしか使ったことありませんが色々なものを利用してみたいと思います。
素敵な女性が現れるまで頑張ります。


| 50代熟年の出会いサイト体験談 トップページ |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。